ダリヲタの暮らし。第1回「リップソファー」

「好きなものにかこまれて暮らしたい!!」

これは誰しもが思い描く、理想の暮らし。
ダリヲタである私もそんな願望を持ち続けているひとりです。

私が囲まれたいもの、そう、それは「ダリ」!!!!

幸いなことに、ダリが分かりやすく素敵なモチーフを好んで使ってくれたおかげで、今の世の中には「ダリっぽい」グッズが溢れかえっています!唇、ヒゲ、蟻、時計・・・

そんな、「ダリ公式グッズ」ではないけど、ダリっぽさを感じさせるグッズのことを私は「ダリっぽグッズ」と呼んでいます。

ダリヲタが理想を求めて、
部屋をダリグッズで埋めていったら、
一体どんな部屋になってしまうのか?

この「ダリヲタの暮らし。」は、マイルームにあふれる数々のダリグッズ・ダリっぽグッズを自慢していくコーナーです!

第一回目は、ダリヲタなら誰しもが憧れるであろう、
「リップソファ」です。

リップソファ

ダリといえばメイ・ウエストの唇型のソファ。
まずは部屋のソファは”絶対”唇型にしたい。

そんなわけで約8年前、引っ越しと同時に購入したのがこのリップソファー。

世の中には唇のカタチをしたソファが数多く存在するものの、
どのソファもダリヲタの私にはしっくりきませんでした。

かわいくデフォルメしすぎ。
座り安さを求め過ぎ。

リップソファは、座りにくくてなんぼなのに!

しかしソファは部屋のメインとなる家具。
妥協したくなく、約1ヶ月ほどかけてようやく見つけたのがこのリップソファでした。
しかもセール中だったのか、お値段29,800円。安。

ちなみに購入当時、部屋の広さが5帖しかなく
「ベッド」を置くか「ソファ」を置くかの選択を迫られました。

私は迷わず、今まで使っていたベッドを捨て、リップソファを選びました。
唇型ソファのためなら、毎日のお布団の上げ下げなんて苦になりませんから!!

更に、使い続けていくとだんだんボロボロになりはじめる生地。
荒れた唇は綺麗じゃありません…

そこで、生地の張替えを業者に見積もったところ、10万円。
特殊な形のためかお高いです。購入した値段の3倍以上。

しかしこのカタチのリップソファが廃盤となってしまった今、
私に残された道は張替え以外ありませんでした・・・。

 

そんな手間のかかるソファですが、一生手放したくないくらい気に入っています。

では最後に、リップソファの写真コレクションで締めたいと思います。

黒い床に映えるリップソファ。お部屋の主役。

溶ける時計とリップソファ。

バラとリップソファ。かつでこんなにバラの似合うソファがあったでしょうか?

The following two tabs change content below.

ふくみん

サルヴァドール・ダリをこよなく愛し、休日は西洋絵画を求め美術館めぐりをしています。好きな食べものは納豆と餃子とネギ。

関連記事

  1. ダリネイルPart2

  2. ダリ作品が登場する映画・アニメ

  3. 怒涛のダリ特集ラッシュ!!芸術新潮、美術手帖、婦人公論

  4. ダリネイルPart3

  5. ダリ様お怒り?!なオシャレマグカップを発見!

  6. ダリヲタの暮らし。第2回「香水」

  7. webメディアにて「ダリグッズ」に関しての記事を書かせて頂きました!

  8. 【ダリ展2016】ダリのプリクラに限定ワイン!

  9. ダリ展でポストカードがもらえるキャンペーン中!

PAGE TOP