ダリ展のおかげで、
今、雑誌に怒涛のダリ特集ラッシュが来ています!

今回は3冊ご紹介。

 

芸術新潮 2016年10月号「ダリってダリだ?」

img_1533

もはや使い古された冗談ですが、
目をひくことは間違い無し。

表紙のダリ様が非常にカッコイイです!

中身は三分の一はダリ特集なのではないかというほどのページ数。
これは読み応えがありそう…!

写真もふんだんに使われていて、
とってもワクワクする構成になってます。

ダリについて全然知らない方にも
とてもオススメです。

こちらから購入出来ます!
芸術新潮 2016年 10 月号 [雑誌]

 

美術手帖 2016年10月号「本当のダリを知っていますか?」

img_1504

タイトルから分かる通り、
少しダリについて知っているというか、
一般的にどういう絵を描く人かを分かってはいる、
という層に向けての本かなあと思いました。

というのも、
ダリのことをあまり知らずにこの本を読んだら、
最初から印象が変わってしまうから、
ダリの本当の魅力に気づかないままなんじゃないか?!
という、余計な心配をしてしまいました。

ガラとの関係性を描いた漫画コンテンツもあるのですが、
正直私としてはこんな風には描いてほしくなかったなあと
思ってしまいました…。

とはいえ、ダリの新たな一面を知れるという意味では
貴重な一冊です!
愛より知識を感じました。

こちらから購入出来ます!
美術手帖 2016年10月号

 

婦人公論 2016年10月11日号
「運命の恋に落ちて 天才画家・ダリと 型破りな妻の 数奇な生涯」

引用:http://www.fujinkoron.jp/newest_issue/

引用:http://www.fujinkoron.jp/newest_issue/

こちらは数ページの特集ですが、
フィゲラスのダリ美術館が写真つきで紹介されていたりと、
なかなか素敵な特集だと思いました。

やはりターゲットが主婦層だからなのか?
ガラという妻にスポットを当てているのが、
他の特集とは違っていて面白いです。

読んでいると、またダリ縁の地へ行きたくなってきますね!
これを読んでダリ展へ足を運ぶ人が増えれば嬉しいです。

こちらから購入出来ます!
婦人公論 2016年 10/11 号 [雑誌]

 

以上、今本屋さんに行けば手に入る
ダリ特集3冊お伝えさせて頂きました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます