ヨーロッパやアメリカの美術館に行くと、
写真撮影OKなところが多く驚くことが多々あります。

ですが、日本ではまだまだ撮影できる美術館は少ないのが現状。

それでも
「ダリの作品を思い出として撮影しておきたい!」
という方はきっと多いハズ!

そこで今回は日本国内にある、
ダリの作品が撮影できちゃう素敵な美術館をご紹介します!

 

横浜美術館

企画展は撮影NGですが、
コレクション展会場とグランドギャラリーでは撮影が可能な美術館!

こちらの横浜美術館、ダリの絵画や彫刻を所蔵していますので、
コレクション展(常設展)でダリの作品が展示されていれば撮影が可能です。

その中でも見どころは、2016年の東京ダリ展にも出展された、
「幻想的風景 暁、英雄的正午、夕べ」

img_1421

この迫力、素晴らしいです!
運が良ければ他にも2点ほどダリの作品が見られるかもしれません。

横浜美術館で撮影するためには、下記の注意事項を守る必要があります。

・企画展での撮影は禁止
・コレクション展及びグランドギャラリーでの撮影は私的使用目的のみ撮影可能
・三脚の使用は禁止
・フラッシュの使用は禁止
・著作権保護のため、作品の1点撮りは禁止
・他のお客様やスタッフの撮影は禁止
・携帯電話のシャッター音は制限される場合がある
・動画撮影は禁止

詳しくは横浜美術館のHPをご覧ください。
横浜美術館「ご来館のお客さまへ」

 

【横浜美術館】
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
開館時間:10時~18時(入館は閉館の30分前まで)
休館日:木曜日、年末年始
http://yokohama.art.museum/

 

池田20世紀美術館

静岡県伊東市にある美術館です。

20世紀に活躍した芸術家を中心とした作品が約1400点収蔵されている池田20世紀美術館。
ルノワール、ピカソ、シャガール、ウォーホル、ミロ、そしてダリなど、
誰でも知っている有名な芸術家の作品が、贅沢に展示されています。

こちらのダリの作品も…非常に素晴らしいです。

燃えるキリンがモチーフの、
6連作の大きな作品!見応え抜群です。

また、ダリのあの作風が確立される前の若い頃の
これまた大きな作品も展示されています。

この美術館でも、撮影の注意事項を守る必要があります。

・撮影する場合は事前にスタッフの方にお伝えし、その際に受ける案内に従って下さい
・シャッター音が出るものでの撮影は禁止
(スマホの場合は無音カメラアプリを使えばOK)
・フラッシュの使用は禁止
・私的使用目的のみ撮影OK
・SNSなどネット上に写真をアップすることは禁止

ネット上に写真をあげることができないため、
写真での紹介は控えさせていただきますが、
本当に素晴らしい美術館ですので、是非一度足を運んでみてください!

 

【池田20世紀美術館】
静岡県伊東市十足614
開館時間:9時〜17時
休館日:毎週水曜日(祝日の場合は開館)
但し、7月・8月・年末年始無休
http://www.nichireki.co.jp/ikeda/

 

それでは、マナーを守って
楽しいダリ撮影を行ってくださいね!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます