こんにちは。

今日はカダケスからポルトリガト村にあるダリの卵の家に行きます!

そもそも卵の家とは?

ポルトリガトという小さい村に、サルバドール・ダリが愛するガラと晩年を共に過ごした家があります。
この家は外観こそ普通の一軒家に見えるのですが、ところどころにおかしなオブジェがあしらわれています。

その中でも代表的なのがこの卵のオブジェ。

10334271_776994248990974_7406848250164202295_n

卵はダリにとって「完璧」「誕生」などをあらわず重要なモチーフでした。
フィゲラスのダリ美術館にも卵が沢山並んでいます。

卵の家の見学は有料であり、事前にWEBから予約する必要があります。

卵の家を予約しよう

【1】オフィシャルサイトにアクセスします。

https://www.salvador-dali.org/serveis/entrades.php

【2】「Individuals」を選択。

1f49596bab46804a25f4ebc347cbd8a7

 

【3】「Dasa-museu Salvador Dali Portlligat」を選択。

1a88ef5a6d76ded2083c0ef1f849b4d1

Teatre-Museu Dali Figueres
=フィゲラスダリ美術館
Casa-museu Dstell Gala Dali Pubol
=ガラの家(プボール城)、ダリがガラにプレゼントしたお城。
Teatre-Museu Dali Nit Figueres
=フィゲラスのダリ美術館、8月のみの夜間オープン

 

【4】濃い色になっているのが予約できる日程です。選択しましょ。

 

【5】時間と人数を選択します。

「Disponibilitat web」というのが予約できる残り人数。
ちなみに、予約した時間の30分前に現地でチケットに引き換える必要があります。
30分前に遅刻すると入れてもらえないこともあるとか…
恐ろしいので、余裕のあるスケジュールを立てましょう。

人数を入れたら右下のボタンをクリック。

 

【6】確認画面が出ます。

1a02394924c3f391f89a4447c5006313

8ユーロを先にクレジットカードから支払う必要があります。
残りは現地で支払います。
日付や時間に間違いがなければ右側のボタンをクリック

 

【7】必要事項を入力します。

4e35355f6f2bfda01f82d01340b43fcf

①Nom i cognomsには名前を。
②Codi postalは郵便番号。
③Procedènciaは「Japo(日本)」を選択。
④E-mailはメールアドレス。
⑤これは必須じゃないから書かないでOK
⑥Telefon de contacteに電話番号を。
⑦Nom del titular de la targetaはクレジットカードの所有者の名前。
⑧Número de la targetaはクレジットカードの番号。
⑨Número CVVはいわゆるクレジットカードの裏面の下3桁の数字。
⑩Caducitatクレジットカードの有効期限。
⑪利用規約に同意するチェック。

 

【8】最後に「Pagar」をクリックして支払い!

 

カダケス中心地からポルトリガトまで

事前にちょっと下調べした方がいいです。

何故なら、道があまりに狭い小路なので、「ホントにこの道であってる?」って不安になるから。

所要時間は20分前後。

結構な上り坂だし石畳なので、歩きやすい靴でね。
でも雰囲気があってすごく気持ちのよい道です。

ひたすら小道をまっすぐいくと、道路に突き当たりますので
右に曲がって、白い教会の左の道を下ると、
右手にダリの家が見えてきます!

 

着いたらやること

10325791_777010488989350_6936990396872752997_n

・チケットを引き換えましょう。
チケット売り場は分かりやすい場所にあります。

・荷物を預けましょう。
手ぶらにカメラのみ、じゃないと入らせてもらえません。
場所はチケット売り場の向かいの建物、はじっこです。
こじんまりとしています。お金はかかりません。

・見学が始まるとしばらくトイレは行けないので事前に行っておきましょう。
チケットを持っていれば、建物内のトイレに通してくれます。

・周りに何もない場所なので、暇をつぶすのは結構大変です。
まぁダリの大好きだったポルトリガトの海を見ているだけで楽しいんですけどね。

あとは、ダリの家をくまなく堪能しましょう♡

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます