ダリが掘り起こされちゃう?!”娘”登場で思うこと

6月末頃、こんなニュースが世間を騒がせました。

サルバドール・ダリの娘だと主張する女性が父子関係の確認を求めて起こしていた裁判で、マドリードの裁判所は26日、DNA鑑定のためにダリの遺体を掘り起こすよう命じた。

情報源: CNN.co.jp : ダリの遺体掘り起こし、スペイン裁判所が命令 父子確認で

カンタンに説明すると、
ダリと妻であるガラとの間には、公式には子どもの存在は確認されていなかったのですが、
この度なんと、

「自分はサルバドール・ダリの娘です!」

という人物が現れたとか。

そしてマドリードの裁判所が、
DNA鑑定のためにダリの遺体を掘り起こすっていう判決をしたそう。

ダリ財団はダリの遺体掘り起こしを阻止すべく、
控訴するとのことでした。

 

このニュースを見て、思ったことは2つ。

 

まず1つ目は、死んで30年近く経つのに、
LINEという最新プラットフォームのニュースで、
顔写真付きで話題を提供してくれるダリという存在。

もう新しい話題はないと当たり前のように思っていた中、
サプライズで提供されたダリの最新ニュース。

なにげなく見たお昼のLINEニュースで、
ダリの写真が流れてきたときは
思わずスクリーンショットを撮ってしまいました。

ここからは完全なる勝手なダリヲタの妄想ですが、
ダリの写真映えはやっぱり現代でも通用するのだなと。

もしこれがそんなにパッとしないビジュアルの芸術家(失礼)だとしたら、
右側のテキストニュースになってたかもしれない。

ダリだからこそ、顔写真付きでニュースに流れてきたのだと。

 

そして2つ目は、もっと完全な妄想になるのですが、
きっとダリヲタの方々はこう思ったはず。

「ダリ様復活のときが来たのでは?!」

娘と名乗る人物が登場し、ダリのお墓が掘り返され、
ダリという存在がこの世に復活する、というところまでが
もしかしたらダリが計算していた「復活劇」なのでは!

と、知人に鼻息荒く話したら「んなわけなじゃん」と一蹴されました。

 

でも、突発的にそう思ったわけではないんです。

ダリは生前、妻ガラと並んで隣のお墓に入ることを予定していたのに、
死ぬ間際にガラのお墓とは別の、
フィゲラスにある自分の美術館に埋葬してもらうように変更したというのは有名な話。

愛するガラと離れて寂しくないのかとか、
そもそもフィゲラスに人を呼ぶために無理やりダリに承諾させたんじゃないかとか、
ダリは本当はガラから逃れたかったからだとか、
色々な説がささやかれています。

そんな中で、なんともオカルトチックな説もありまして、
ガラが眠るお墓と、ダリが眠るダリ美術館と、そして何か縁のあるものの
三角形が、ピラミッドで王復活を意味するなにかとピッタリ当てはまる、
つまりダリはあえて1人その美術館に眠ることで復活することを願っていた…と。

何で読んだかあまり覚えておらず、なんとも曖昧な記憶で申し訳ないのですが、
すごくダリらしくないですか?こういう考え方。

※これの詳細ご存じの方いらっしゃれば是非ともご連絡ください…!

私はダリの復活を切に願っております!

 

というわけで、
久しぶりのダリニュースでテンションが上がってしまったというお話でした。

 

【2017.9.7追記】DNA鑑定の結果が出ました!

【続報!】ダリの”娘”のDNA鑑定の結果が出ました!

The following two tabs change content below.

ふくみん

サルヴァドール・ダリをこよなく愛し、休日は西洋絵画を求め美術館めぐりをしています。好きな食べものは納豆と餃子とネギ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます