東京ダリ展に行って来ました | Dali world

東京ダリ展に行って来ました

ダリ展2016@国立新美術館、
内覧会&初日行ってまいりました!

img_1440

まず一言言わせて頂くと…

最高でした!!!

 

京都会場で見た際には、
少しだけ「期待を上回らなかった」と思ってしまったのですが、
東京展…やられました。
すごかった。

 

ダリ展2016 京都展と東京展ではココが違う!

①会場の広さ

ダリの作品云々…というより、
そもそもの美術館の話になってしまいますが。

京都の会場は少しだけ狭いな、という印象がありました。
その分ひとつひとつの作品の間隔も狭く、
目玉である大型の作品も、ちょっとこじんまりとした
印象を受けてしまったような気がしました。

けれど、国立新美術館は広い!

img_1443

それぞれの絵画の間隔もちょうどよく、
部屋と部屋の間、大型作品の展示方法、小型作品の見せ方も
まるで違うダリ展を見に来たかのようでした。

※ただ、京都市美術館自体はレトロで雰囲気があり歴史を感じるし、
周辺の環境といい京都という土地柄といい、
本当に素晴らしい美術館だったと思います!

 

②作品点数の多さ

京都展では190点近くだった作品数が、
東京展ではなんと250点近くに増えているとか。

日本の美術館などが所蔵しているダリ作品も
一同に集めたそうです!!

「テトゥアンの大会戦」が東京展のみとは聞いていましたが、
まさかそれ以外にも集まっているとは…

img_1433

 

③大型作品の迫力

「小型の作品が多め」などという感想を書いていましたが・・・


東京展、もはや大型作品だけでも見る価値アリ!

まず感動したのが、横浜美術館所蔵の「幻想的風景 暁、英雄的正午、夕べ」。

img_1421

地元なので横浜美術館で実際に見たことがあったのですが、
なんだろう!この感動!

常設展で見るときと違って、
既にダリワールドに引きこまれている状態で見るので、
もう色んな感情やら心情やらなんやらかんやが、
スゴイことになります。

じーーーーっくり堪能しました。まだ見足りない。
まだまだまだまだ見ていたかったです。
レプリカでいいので実物大が家に欲しい。

 

更に、福岡市美術館所蔵の「ポルト・リガトの聖母」。

img_1437

こ・れ・は!

福岡にいつか見に行こうと思っていた作品で、
まさかこの絵がいらっしゃると思わなかったので、
目の前に現れた時の感動はもう・・・!

絵の前にしばらく突っ立って見てました。
なんだろう、正直涙でましたね。

というか今回のダリ展、
3回くらい泣きそうになりましたね…。

 

メイ・ウエストの唇の部屋は?

img_1469

メイ・ウエストの唇の部屋、
京都展では入り口にありましたが、今回は出口でした。

というか、グッズ売り場から行けるので、
多分チケット無くても撮れます。

 

混雑具合は?

初日、平日の10時半頃の様子は、
チケット売り場も、入場口も列はありませんでしたが、
中に入るとやはり混雑していました。
列に流れていかないと、
目の前で作品を見るのは難しいくらいでした。

映像作品も座って見れませんでした。

恐らく、土日は相当な混雑が予想されます…。
覚悟して行きましょう!

 

グッズ売り場は?

img_1444

グッズ売り場の広さだけは、京都展より狭かったです!
が、あいも変わらず面白いグッズばかりで、
30分近く見てしまった気がします。

購入したグッズについては、後日報告致します!

 

ダリ展、国立新美術館で12月12日までやっています。
是非足を運んで見てください!

The following two tabs change content below.

ふくみん

サルヴァドール・ダリをこよなく愛し、休日は西洋絵画を求め美術館めぐりをしています。好きな食べものは納豆と餃子とネギ。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。