2019年の諸橋近代美術館は新作ダリグッズに注目♡

日本のダリ美術館こと、
福島の「諸橋近代美術館」、
開館の季節がやってきましたよ!

冬のあいだは、あまりの積雪量に閉館しているこの美術館ですが、春の訪れと共にまたダリの作品に出会いにいけますね♡

さて!

今年の諸橋近代美術館のテーマは
「シュルレアリスムとダリ〜幻想と驚異の超現実〜」
だそうです。

ロゴがめっっちゃかわいいので注目♡

諸橋近代美術館の開館20周年を記念した、第一弾の展覧会です!
20周年ですって・・・!すごいな!

“ダリといえば”という原点に返るような「シュルレアリスム」がテーマとなっています。
シュルレアリスム、日本語では「超現実主義」と訳されていますが、ダリをはじめ、シュルレアリストたちが見たこともないような世界を表現していることも相まって、「非現実、現実からかけ離れた」という意味で捉えている人が多いようです。

しかしシュルレアリスムでいう「超現実」とは、「現実の延長線上にある世界、意識が及ばないめっちゃくちゃ現実の世界」って意味なんだそうですよ!真逆じゃんね!

さて、そんな今回の展覧会で私が一番注目しているもの。
それは、今回の新作グッズたち!

自称ダリヲタとしては、ダリのグッズにとにかく目がありません!
お小遣いを今からコツコツと貯めています。

というわけで、2019年諸橋近代美術館の新作ダリグッズをご紹介します!

オリジナルTシャツ

諸橋近代美術館では毎回オリジナルデザインTシャツが販売されますが、今回は一味違います!
アートディレクターの角田純さんがデザインされているそうで、今までとはガラリと雰囲気が変わっています。

なんかすっごいオシャレじゃないですか?
BEAMSとかで普通に売ってそう。

いや、私としては今までのTシャツも最高に好きだったんですけどね。
特に昨年の、エッシャー風ダリTシャツは最高すぎました。伝説。

※実際に着たところ。かわいいよね!!!!!(圧)

でもこれは着る人をだいぶ選ぶデザイン。
私にはレベルが高すぎて、普段着というよりは、ダリ活動(通称ダリ活)用のユニフォームといったところ。
しかし今回のものは、着回しができそうなオシャレ具合です。

個人的には、襟ぐりが丸いものじゃなく、V字ネックとか大きめに袖ぐりが開いたものも出してほしいところ。そしたら女性ももっと普段で着られるかな。

諸橋近代美術館さま、ぜひ、次回でのご検討お願いします…!

ダリ仕様クッキー&コーヒー

美術館を入ってすぐ右側にあるカフェ。

この雰囲気、日本とは思えない…。
スイスに来たのかなって錯覚しちゃいそう。
(実際、諸橋近代美術館の周りはほんっとに海外に来たような感覚におちいる、景色が素晴らしい場所です。すぐ近くの五色沼も、ここカナダだっだっけな?ってくらい絶景)

このカフェ出るグラスやコースターがダリ仕様でとーってもかわいいんです。
残念ながらグッズとしては売っていないらしいので、ぜひこちらで一休みしてみてください。

そして!そんなダリカフェに、今年はこんな素敵なクッキーが…!
もったいなくて食べられない…!

ヒゲはポップめでかわいいし、
20thの周りには蟻が這ってるし、
時計は相変わらず歪んでいるし、
えっと…右下のは…・・・・・・?笑

こちらは試作途中の写真ということなので、実際にはもう少し違った形になっていると思いますが、今からワクワクが止まりません!
地元のお菓子屋さんの手作りだそうで、地元でもダリ美術館が愛されているようでとても嬉しいです。

そんな地元のお店とのコラボ(?)がもうひとつ!

モロビブレンドとシュールブレンドで作った諸橋近代美術館オリジナルのコーヒーだそうです♡
地元のカフェにブレンドしてもらったものだそうです。

いや、まって。
そもそもコーヒーのことは詳しくありませんが、まだ「モロビブレンド」っていうのはなんとなくありそうな気がするものの、「シュールブレンド」ってなに?!
ものすっごく気になる!!!
口の中に超現実が広がるのかな…?どういうことなの…?
こちらも期待が膨らみます。

そして!こちらはなんとお土産用にも購入できるとのこと♡
(もちろんカフェで飲むことも可能です)
お土産用に大量購入するぞ〜〜〜〜!

ダリの作品だけでなく、グッズだけでも楽しみが止まらない諸橋近代美術館。
ぜひ足を運んでみてくださいね♡
東京からダリ美術館へ日帰りで行きたい人こちらの記事も読んでみてください!

東京から諸橋近代美術館への行き方 〜日帰り・公共機関〜

諸橋近代美術館
開館20周年記念展vol.1
シュルレアリスムとダリ〜幻想と驚異の超現実〜
会期:2019年4月20日(土)〜6月23日(日)
※5月21日(火)のみ展示替えのため休館
時間:午前9時30分〜午後5時30分
観覧料:一般950円、高校・大学:500円、中学生以下無料
住所:福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯1093番23

The following two tabs change content below.

ふくみん

サルバドール・ダリをこよなく愛し、休日は西洋絵画を求め美術館めぐりをしています。好きな食べものは納豆と餃子とネギ。

関連記事

  1. 山形県鶴岡市でダリ版画展が開催です!

  2. ダリ作品が登場する映画・アニメ

  3. 京都ダリ展に行って来ました

  4. 京都ダリ展に行くなら、ダリ展特別ランチを食べよう!

  5. 【日本国内】ダリの絵画・作品が撮影できる美術館はココ!

  6. ポルトリガトにあるダリの卵の家に行こう!

  7. 「プリキャンバス」を買ってみた

  8. カダケスを楽しもう!

  9. ダリヲタの暮らし。第1回「リップソファー」

PAGE TOP